村杉温泉 環翠楼 (むらすぎおんせん かんすいろう)

永代にわたってお客様からありたいという想いで、江戸末期よりこの地に佇みつづける老舗旅館、村杉温泉 環翠楼。創業当時の宿名は、所有する六つの蔵にちなんで「六蔵旅館」といい、御歌会の点者である千葉胤明(ちばたねあき)氏によって「環翠楼」と命名されたのは大正時代のことでした。彼は、宿の風情を「緑に囲まれた館(翠に環まれた楼)」と詠みましたが、現代に至っても、その姿は少しもかわることはありません。6千坪の広大な敷地に、わずか10の離れ客室。明治・大正のころから受け継がれる家具の数々が、木造建築のしつらえをより懐かしく、心地よいものにします。そして、夕食も朝食もそのお部屋で頂けることも、環翠楼で体験できる贅沢のひとつ。月替わりの会席料理は、料理長が心をこめて仕立てています。こだわりの料理とご一緒に新潟の銘酒も、ぜひ。開湯よりおよそ700年という村杉温泉は、全国有数のラジウム温泉です。「子宝の湯」として親しまれる湯に身をまかせ、その癒しと歴史に想いをはせるひと時をお過ごしください。これまで紡がれ、築かれてきた伝統のひとつひとつを、このあとにつづく100年に手渡していくために。環翠楼は今日も、あたたかく皆さまをお迎えしています。

住所
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉温泉
交通
名1室の宿泊プラン空室・料金カレンダー
  • 表示順
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
※料金、空き室、プラン内容、宿のデータ等は必ず予約サイトでご確認ください
プラン名 部屋タイプ 食事条件 1泊1名
あたり料金
この宿を予約できるサイト
powered by旅くら