壬生 どうだん (らくりゅうあん みぶどうだん)

ここはかつて新撰組が発祥した地、壬生。その閑静な住宅街の一角に佇む京町家一棟貸しの宿、「壬生どうだん」。新撰組が結成された八木家や世界遺産の二条城をはじめとした観光名所にほど近く、京都ならではの風情を味わうことができるお宿です。外観には、「弁柄(べんがら)」と言われる朱色の塗装が施され、独持な雰囲気を醸し出しています。扉を開けると、そこは一転して静寂な空間。情緒ある隠れ家的な雰囲気の室内、昔ながらの硝子障子や美しい木目の格天井が、優しい空間を演出します。芳香豊かな「木曽ひのき風呂」にたっぷりのお湯をはり坪庭を眺めながらゆったりと体を沈めれば、まるで森の中にいるような心地よいやすらぎをご体感いただけるでしょう。日常と非日常が交差したこの宿で、贅沢な京気分をご満喫ください。

住所
〒6048852 京都府京都市中京区壬生東大竹町25-6
交通
powered by旅くら